レンタルのメリット

いわゆるメーカー蔵出し品と称される新品製品を購入すれば、メーカーが定める保証期間や、エンドユーザー限定の専用相談窓口など、独自のアフターフォロー態勢や保守契約があるところを選ぶようにしましょう。

「保守契約」とは
コピー機・複合機の修理やアフターフォローを実施するサービス名称のこと。

コピー機・複合機の導入時には、加入することが必須であり、機械本体の費用(リース料、買取費用)とは別に保守契約費用が必要となる。

保守の形態は大まかに 「カウンター保守契約」と「キット保守契約」または「スポット保守契約」に分けられる。

これは製品を継続使用する中、発生が想定されるトラブル、あるいは生じる疑問に対応する上で重要な役割を担っており、メーカー純正新品に拘る価値観の大きなポイントとなっています。それでも精密機械である以上、悪意無きトラブルのリスクはゼロとは言えず、緊急時に販売店がどれだけ迅速的確な対応を届けてくれるのか、これが購入後の信頼度のポイントとなります。

アフターフォローこの事実を視野に踏まえ、コピー機をより安価で常時確保する、更にはニーズに応じて機種変更が可能な環境を整えるとなれば、買うのでは無く借りる、すなわちレンタルサービスの活用が視野に入ります。レンタルサービスを供給する専門業者のアフターフォローが充実しているのであれば、使用を通じての万一のトラブルのリスクは、実質新品購入と変わらないと捉えられます。特に酷使レベルでの使用が続く、あるいは業務内容の変化から、小刻みな機種変更の必要性が見込まれる場合など、総合的に判断してレンタルサービスが適している業種も多く、これも市場を確実に拡大している一因となっています。

*関連記事*
利用先選択時の着目点
コピー機を借りる選択

Published by admin