利用先選択時の着目点

規模や業種を問わず、事業所もしくは店舗に属する全ての施設に於いて、コピー機は必要不可欠なOA機器の代表格であり、今日数多くの販売あるいはレンタル業者が存在しています。いざ実際にレンタルサービスを利用しようとすれば、果たしてどの業者を利用すべきか、その選択に窮してしまっても不思議ではありません。単純に料金面のみに着目から即決せず、十分に時間を確保しての比較検討作業をお薦めします。

コピーをするまずは実際にサービスを利用する所在地に近い業者のメリットを理解しておきましょう。緊急時に担当者や業者が速やかに駆けつけてくれる距離感は、精密機械の維持に不可欠です。料金面のお得感に対し、いわゆる「貸しっぱなし」的な状況となれば、結果自社業務への支障という大きなデメリットが勝ってしまいます。次に自社業務にマッチした機種を、的確に薦めてくれる担当者との出会いも大切です。相手も商売である以上、より大きな金額の契約が欲しくて当然です。不要な機能満載のリース料金が高額な機種を、半ば強引に薦めるような業者とは、中長期的な信頼関係の構築は期待薄です。良好な関係あればこそのレンタルサービスという基本を見据え、多角的な視点から利用先業者を絞り込んでください。

*関連記事*
レンタルのメリット
コピー機を借りる選択

レンタルのメリット

いわゆるメーカー蔵出し品と称される新品製品を購入すれば、メーカーが定める保証期間や、エンドユーザー限定の専用相談窓口など、独自のアフターフォロー態勢や保守契約があるところを選ぶようにしましょう。

「保守契約」とは
コピー機・複合機の修理やアフターフォローを実施するサービス名称のこと。

コピー機・複合機の導入時には、加入することが必須であり、機械本体の費用(リース料、買取費用)とは別に保守契約費用が必要となる。

保守の形態は大まかに 「カウンター保守契約」と「キット保守契約」または「スポット保守契約」に分けられる。

これは製品を継続使用する中、発生が想定されるトラブル、あるいは生じる疑問に対応する上で重要な役割を担っており、メーカー純正新品に拘る価値観の大きなポイントとなっています。それでも精密機械である以上、悪意無きトラブルのリスクはゼロとは言えず、緊急時に販売店がどれだけ迅速的確な対応を届けてくれるのか、これが購入後の信頼度のポイントとなります。

アフターフォローこの事実を視野に踏まえ、コピー機をより安価で常時確保する、更にはニーズに応じて機種変更が可能な環境を整えるとなれば、買うのでは無く借りる、すなわちレンタルサービスの活用が視野に入ります。レンタルサービスを供給する専門業者のアフターフォローが充実しているのであれば、使用を通じての万一のトラブルのリスクは、実質新品購入と変わらないと捉えられます。特に酷使レベルでの使用が続く、あるいは業務内容の変化から、小刻みな機種変更の必要性が見込まれる場合など、総合的に判断してレンタルサービスが適している業種も多く、これも市場を確実に拡大している一因となっています。

*関連記事*
利用先選択時の着目点
コピー機を借りる選択

コピー機を借りる選択

今日各市場に於けるレンタルサービス製品のシェアは、確実に拡張を見せており、これは多くのエンドユーザーが「買うよりも借りる事で得られる利点」に着目から魅力を感じている証に他なりません。思い切って購入してみたものの、時間の経過と共に不満点が次々と生じてしまう、更にはミスマッチであった事実が、一定期間使用後に露呈してしまうなど、誰もが経験を持つ展開に対する不安感もまた、こうした傾向の要因と推察されます。

コピーとりわけ事業所が日々活用するOA機器に関しては、業務上対応が求められる作業内容に変化が生じる、機器自体の急速な進化が続く中、よりハイレベルなニーズに手元の危機が対応し切れないなどの展開が想定されます。その都度買い換えを重ねる訳にも行かず、当面の対応に窮してしまう留守句が見過ごせず、常に変化するニーズに対し、より確実に対応し続けられる機器環境の構築が欠かせません。更に酷使を重ねればそれだけ、突然の故障などのトラブルのリスクの高まりも否めず、緊急時に迅速確実な処置が可能な態勢も欠かせません。

このように検証作業を進めて行く中、OA機器を全て所有品として買い揃える選択が、必ずしもベストとは限らない可能性が見過ごせず、同時にもう1つの選択肢である「借りる」という調達方法がクローズアップされます。ここでは以下、各種OA機器の中でも特に使用頻度が高いと思われるコピー機に焦点を合わせ、コピー機のレンタルサービスを活用するメリットや、借りる対象となる機種の選択に際しての要着眼点など、まずは正しく踏まえておいていただきたい関連知識をお伝えします。

*関連記事*
利用先選択時の着目点
レンタルのメリット